Rabbit Note

技術的な事柄をメモしていきます.

10V 高精度リファレンス電源

eBay で高精度な 10V リファレンス電源を入手したので,その紹介.

10VDC .003% Precision Voltage Reference Standard

構成

注文すると 1 週間ほどで下記のものが届きます.

  • 電池付き本体
  • マニュアル

マニュアルには,以下の項目が記載されています.

  • キャリブレーションをした日付
  • キャリブレーション後の出力電圧 (届いたものの場合,10.00000V)
  • キャリブレーション機材
  • キャリブレーション温度 (届いたものの場合,20℃)
  • 温度特性 (届いたものの場合,-8.3uV/℃)
  • バーンイン時間 (届いたものの場合,829 時間)

実測結果

早速,自作のケースに収め,手持ちのデジマルで測定してみます.

Fluke 287 の場合,測定値は 10.001V.下記の 2 点を考えると妥当な範囲内となりました.

  • 電源の温度特性は 0.000083V (気温はざっくり 10℃ のため)
  • 測定誤差は最大 0.004V (0.025%, 2カウント)
  •  Fluke 287 の測定結果

    続いて,SANWA CD771 の場合.測定値は 9.98V と誤差が大きいことが分かります.コスパ考えるとこれはしょうが無いですね.

     SANWA CD771 の測定結果

    ケースの作り方

    最後にケース作成に必要な部品と道具を紹介しておきます.中身はこんな感じです.

     Fluke 287 の測定結果 (オープン)

    千石電商 で入手するもの

    OP-125B OP型開閉プラスチックボックス

    OP-125B

    ケースです.大きさ的には,ベストマッチです.余り考えずに作業すると部品が干渉するので,余裕を見るならもう 1 サイズ大きめのでも良いかも.


    T-600型貼り付けボス (10ヶ入り)
    T-600

    基板をケースに固定するための部品です.樹脂のなかにネジが切られた金属が埋め込まれており,固定も取り外しも容易です.


    バナナジャック (赤)

    バナナジャック(赤)

    デジマルで端子を触れる形状であれば,何でも良いと思います.


    バナナジャック (黒)
    バナナジャック (黒)

    デジマルで端子を触れる形状であれば,何でも良いと思います.


    MonotaRO で入手するもの

    表示灯 LED ブラケット DB-10-T

    DB-10-T

    電源 ON した際に,目視確認できるようにするために付けます.明るさを安定させるために VR1 の 12V 出力に 1kΩ 抵抗を介して付けました.


    DS-060K-S-ON-K
    DS-060K-S-ON-K

    スイッチです.適度な大きさで,穴開け及び固定もしやすく,個人的には気に入っています.


    必要な道具

    続いて必要な道具について紹介します.半田ごて等については省略し,ケースを加工するのに必要な道具のみ記載しています.

    テーパーリーマ
    テーパーリーマ

    穴を大きくするのに使います.LED も SW もこいつ 1 つでいけます.


    Pocket

    ,

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です