Rabbit Note

技術的な事柄をメモしていきます.

USB 3.0 デバイスサーバ DS-600

USB 機器を LAN 経由で使えるデバイスサーバ DS-600 の中身について紹介します.

概要

デバイスサーバ DS-600

発売元は,これまで多くの USB デバイスサーバーを発売している サイレックス・テクノロジー

今までは,USB 2.0 までの対応だったのですが,DS-600 で USB 3.0 に対応しました.

性能

早速,PFU のスキャナ ScanSnap SV600 に繋いで使ってみたところ,とっても快適.ギガビットの有線 LAN と USB 3.0 対応が相まって,直接 USB 接続しているのと遜色ない速度.細かいことをいうとワンテンポ遅れる感じではあるのですが,使い勝手としては快適そのもの.

ScanSnap SV600 みたいな場所をとる機器だと PC の近くに置くことが難しいこともあるのでかなり助かります.

中身

中身が気になったので分解.中身は意外とシンプルです.

DS-600 の基板(表)

DS-600 の基板(裏)

心臓部は,Marvell の 88F6810
DS-600 の心臓部 Marvell 88F6810

心臓部は 1.8GHz の Coretex A9.ペリフェラルも充実した多機能なチップで,パソコンのようにもつかるようです.

Marvell 88F6810 の適用例

基板上にはこのチップの他にはめぼしいチップがないので,どうやらソフトだけで Ethernet と USB の変換をしているようです.凄い.

発熱

ソフト処理ということで気になるのは発熱.スペックとしては最大消費電力 4.8W.サーモグラフィーでみてみると,こんな感じでそれなりに熱いです.

DS-600 の発熱状況

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です