Rabbit Note

技術的な事柄をメモしていきます.

SEIKO DL206S のバックライト交換

SEIKO の置き時計 DL206S のバックライト交換方法を紹介します.

はじめに

DL206S は右のように黒にくっきりとした白文字が浮かび上がる視認性の良い時計ですが,だいたい2年ほど経過すると文字が薄くなってきて,見にくくなってしまいます.

これは LED バックライトのへたりによるものです.この時計の場合 LED は常時点灯しているので,2年 = 24時間 × 365日 × 2年 = 約1.7万時間となります.LED の寿命を考えるとしょうがないと言えばしょうがないのですが,置き時計としては寿命が短すぎます.

そこで,LED を交換して新品同様に復活させる方法を紹介します.

準備

交換用の部品等を準備しておきます.

秋月電子 で入手するもの

白色大出力チップ LED NSSW157T

LED のトップブランド日亜化学の LED です.DL206S では LED に 3V 程度が印可されるので,スペック的にもちょうど良いです.


Amazon で入手するもの

ホーザン ミニバイス K-24

はんだ付けする際に基板を固定するのに使います.他のものでも OK です.


ホーザン 逆作用ピンセット P-89

はんだ付けする際に LED を持つのに使います.器用な人なら普通のピンセットでも作業できると思いますが,LED は割と柔らないので,力の加減をしなくてもしっかりつかめる逆作用ピンセットがオススメです.


分解

LED 交換のため,分解していきます.

まず,全面の透明のパネルが両面テープで貼られているので,これをはがします.隙間に薄いモノを差し込んで,そこからはがしていく感じで作業します.


続いて,パネルの下に現れたネジを外すと基板が現れます.

パネルの左右に LED があるので,これを交換します.

交換前の LED は次のような感じです.

交換後はこちら.

サイズが小さいので簡単ではないですが,この手の作業が始めてでも温度を少し高めにして作業すればそれなりの仕上がりでできると思います.

あとは元に戻せば完成.

仕上がり

交換前かなりに見にくくなっていた時計もこの通り.くっきりした白文字が復活しました.

おまけ

Aliexpress で売っている下記のケーブルを使うと,電源を USB コネクタからとれるようになります.AC アダプタが何個もあって邪魔な時に便利です.

White USB To 3.5*1.35mm /DC 35135 3.5×1.35mm 3.5 mm x 1.35 mm 3.5mm/1.35mm Jack Plug DC Power charging Adapter Cable 1M 3FT


LINEで送る
Pocket

, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です