Raspberry Pi IO-Link Hat

電子工作

Raspberry Pi と IO-Link 機器を接続するためのブリッジ基板を紹介します.

KiCAD プロジェクト

この記事で紹介する基板のデータは,下記で公開しています.

GitHub - kimata/RPi_IO-Link_Hat
Contribute to kimata/RPi_IO-Link_Hat development by creating an account on GitHub.

回路

主要ICとしては下記の2つを使用しています.

  • Raspberry Pi 用の 5V 電源IC LT8609A
  • IO-Link 用 PHY の LTC2874

IO-Link の電源は 24V なので,外部から 24V を受け取り,そこから Raspberry Pi にも電源供給する構成です.(Raspberry Pi には USB ケーブル経由で電源を供給する必要がありません)

詳細は下記回路図を参照してください.

使用部品

主な使用部品は以下のものになります.それ以外の抵抗・コンデンサ・LED は 2012 サイズを使用しています.

リファレンス Mouser #
D3 512-S100
D4, D5 755-PTZTFTE2536B
J1 490-PJ-063AH
L1 810-SPM5030VT-2R2M-D
Q2, Q3 757-T2N7002BKLM
Q4 512-FQT7N10LTF
U1 584-LT8609AJDDM-5#TR
U2 584-LTC2874IFE#PBF

Raspberry Pi 接続用のコネクタは,秋月の「連結ピンソケット 2×20(40P) ラズパイ用スタッキングコネクタ」が便利です.

製造

製造は無料キャンペーン中の AllPCB で行いました.

半信半疑で申し込んだところ,本当に無料でした.しかも,DHL の送料込み

実装

部品を実装するとこんな感じになります.

あとは,『Raspberry Pi で IO-Link 通信』で紹介したソフトを使えば,IO-Link 機器と通信できます.

コメント