Rabbit Note

技術的な事柄をメモしていきます.

IEEE802.11ac は本当に速かった!AtermWG1800HP 編

家では,NAS を別室においてパソコンとの間を無線 LAN で接続しています.最近はカメラの RAW データや動画等,扱うデータが大きくなってきたので,高速無線 LAN 規格である IEEE802.11ac に対応した AtermWG1800HP を導入してみました.

少しベンチマークしてみたので,その結果を紹介します.なかなか優秀です.

AtermWG1800HP

測定環境

測定は下記のような構成で行いました.AtermWG1800HP を 2 台使用し,それぞれに Windows8 パソコンと Linux ファイルサーバを有線 LAN で接続.

ネットワーク構成

TCP バンド幅

まず,iperf を使ってバンド幅の測定を行いました.

測定条件は次の通りです.

プロトコル
TCP
ウィンドウサイズ
64KB
測定時間
60秒
ジャンボフレーム
未使用
ストリーム数
1, 2, 4

結果は,以下の通りです.

1ストリームでのバンド幅

2ストリームでのバンド幅

4ストリームでのバンド幅

ストリーム数が増えても合計バンド幅は安定して 500 Mbps を維持しています.ちなみに,同じ計測をギガビットイーサの有線でやった場合,約 930 Mbps でした.

有線の半分の速度まで出せてるのは,凄い.

ファイル転送速度

続いて,CrystalDiskMark を使って,ファイル共有の読み書き速度を調べました.

Linux 側は,Samba ver 3.6.3 を次のオプションで動作させました.

  • max protocol = SMB2
  • min receivefile size = 16384

結果は,以下の通りです.

ファイル転送速度

読み書きともに,40 MB/s,つまり 320Mbps 以上でています.エクスプローラでも計ってみましたが,同様の結果.
エクスプローラでの転送速度

これなら,1GB の転送に 30 秒かかりません

最後に

ここで使用したのは,AtermWG1800HP が 2 台セットになった,PA-WG1800HP/E です.

購入してきて,冒頭のように線をつないだだけで,この結果.便利な時代になりました.

LINEで送る
Pocket

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です