Rabbit Note

技術的な事柄をメモしていきます.

YAMAHA WLX402 を壁がけする方法

賃貸でも安心して使える方法を紹介します.

はじめに

YAMAHA の無線 LAN アクセスポイント WLX402 は 逸般の誤家庭 一般のご家庭にも設置しやすいデザインになっています.

でも,電場が飛びやすい壁掛けで設置しようとすると壁にネジ止めが必要になってしまいます.普通アクセスポイントは見通しの良い場所に設置したいので,そういった場所に穴を開けるは抵抗感有りますよね.

ちょっとした工夫で穴開けなしで設置する方法を見つけましたので紹介します.

必要なもの

石膏ボードにフックを取り付けるのに使われるフックを用意します.

使うのは,中に入っている次の樹脂とピンです.

壁掛けの方法

多分もう想像ついていると思いますが,WLX402 に付属している壁掛け用のプレートには先ほどの樹脂がちょうどはまる穴が 4 つあるので,樹脂をそこにはめてピンで固定します.

こんな感じ.

このプレートに WLX402 を引っかける部分は少し高くなっているので,このように固定しても樹脂と WLX402 は干渉しません.(実は WLX302 のプレートは干渉していました.地味に改善されています)

設置ごの見た目はこんな感じになります.PoE の電源供給用の LAN コンセントがあればとってもすっきりと設置できます.

ちなみに,WLX402 は電波の飛びが弱いと言われたりしますが,上のような感じで壁掛けすればしっかり飛びます.二部屋ほど離れた場所だと,アンテナが何本も立っているような見た目が凄いものよりも10dB ほど良いです.

WLX402 だけでなく,WLX202 や WLX313 でも同じ手が使えると思います.お試しあれ.

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です