Raspberry Pi に Ubuntu 20.04 をヘッドレスインストール

組み込み

Raspberry Pi に電源のみをつないだ状態で Ubuntu 20.04 をインストールする方法を紹介します.

はじめに

通常 Raspberry Pi では Debian ベースの Raspberian を使うと思いますが,母艦として Ubuntu を使っている場合,そろっていると何かと楽です.

私の場合,Raspberry Pi には電源のみ接続して無線LAN経由で利用することが多いので,Ubuntu で行う手順を紹介したいと思います.ちなみに,Raspbian と Ubuntu では設定方法が異なります.

イメージファイルの入手と書き込み

下記から入手します.

Install Ubuntu Server on a Raspberry Pi 2, 3 or 4
https://ubuntu.com/download/raspberry-pi

Raspberry Pi Zero 系には対応していないので注意.

書き込みは Raspbian と同様にすれば OK です.Linux であれば dd,Windows であれば Rufus 等を使うと良いと思います.

最近は,Raspberry Pi Imager なんていうお手軽なものもあるようです.

事前設定

Raspberry Pi を起動後に自動的に無線 LAN に接続できるようにするための設定を行います.

設定ファイルは,SD カード内の最初のパーティション (ラベルは system-boot) にある network-config というファイルになります.

設定内容は下記になります.Ubuntu でおなじみの netplan と同じ書式ですので,ネットを検索すればいろいろ解説がでてくると思います.

「SSID名」と「パスワード」は無線 LAN 環境に合わせて書き換えてください.

ちなみに,SSH は Raspbian と違って自動的に起動するので特に設定不要です.

あと,これはお好みですが,同じディレクトリにある user-data に次のように設定するのもお勧めです.

fqdn:」でホスト名が設定できます.Raspberry Pi を何台もセッティングする場合に,デバイスを簡単に識別できるので便利です.また,「 expire: false」とすることで,最初のログイン時にパスワードを変更する必要がなくなります.

編集が終わったら umount して完了です.

SSH ログイン

次のようにすることで,SSH ログインできると思います.

  1. SD カードを挿して,Raspberry Pi の電源を ON.
  2. 20分ほど待ちます.
  3. Raspberry Pi の電源を一旦落とした後再度 ON.
  4. SSH でログイン.ユーザーとパスワードはともに ubnuntu.

最初の起動で先ほどの設定ファイルに基づいて Cloud-init が色々設定を行い,二回目の起動で設定が反映された状態で動くようになるので,そこでログインする形です.

お試しあれ.

コメント