ProLiant ML350e Gen8 v2 に HDD ベイを増設する方法

サーバー
スポンサーリンク

ProLiant ML350e Gen8 v2 に HDD ベイを4台追加する方法を紹介します.

スポンサーリンク

やりたいこと

サーバに SATA HDD を 8 台積んで,ZFS で raidz2 を構成したい.

中古で ProLiant ML350e Gen8 v2 を入手したのですが,ケースが巨大な割には SATA HDD が4台 しかで収納できない構成でした.せっかくなので,4台増設して 8 台搭載できるようにしたいと考えました.

機材

準備したのは次の機材.ヤフオクと AliExpress で揃えました.

  • ドライブゲージ 674790-002 1個
  • HDD トレイキャディ 651314-001 4個
  • HPE Smartアレイ P222 1個

入手したドライブゲージは少し干渉したので,ケースとあたる部分をペンチでカットしました.

元々,Intel C600/X79 series chipset 6-Port SATA AHCI Controller によって SATA HDD が 4 台接続できていたので,上記を追加することで合計 8 台の SATA HDD が接続できるようになります.

設定

ハードウェア RAID ではなく,ZFS で RAID を組むため,P222 を Host Bus Adapter (HBA) モードに設定します.

設定は,Smart Storage Administrator-Command Line Interface (SSA-CLI) で行いますが,オフラインHPE Smart Storage Administrator (HPE SSA) を使うのがお手軽です.

オフライン HPE SSA は,下記からダウンロードできる ISO ファイルでブートすることで使えます.

Software Details - *REMOVED* - Offline HPE Smart Storage Administrator (HPE SSA) | HPE Support
*REMOVED* - Version 4.15.6.0 is NO LONGER AVAILABLE for download due to indicating grub insmod vulnerabilities. you can ...

ブートすると,次のようなメニュー画面がでるので,SSACLI を選択します.

コンソール画面が現れるので,そこで次のコマンドを打てば HBA モードへの設定は完了です.

ハードの構成によっては slot=1 の部分は変更が必要かもしれません.次のコマンドで P222 がどのスロットか調べると良いです.

コメント